どこに骨を埋めるのか

2021/2/29(Tue)

畑に立てる看板の板を、
親友が、知り合いから
入手してくれた。
素敵なバーカウンターの様な
板が届いた。

画像1

畑ではなく、
バーをしようかと思います。

#感謝しかない
#Bar無農薬
#嘘です畑します


どこに骨を埋めるのか

今日のミーティングでは、
この国の食に関して話し合った。

身体に良くない食べ物。
添加物。農薬。防腐剤。砂糖。
小麦粉。牛乳。

子供たちの置かれている状況、
若い人達の食に関する知識。

なるほど…
この国は、食に関することと、
病気、お金の事は一切勉強せず、
必死にコサイン、
タンジェントなどを
勉強して大人になるんだなぁ。
自虐史観を植え付けられて、
同調圧力が正しいと、
教えられてきたんだなぁ。

わたしはこの国が好きだし、
素晴らしいと思っている。
誰もが良くしたいと、
良くなりたいと思っていると、
思っている。

私も家族も貴方も貴女も
幸せであって欲しい。

そうじゃない人が居るとしたら、
それは、この国の置かれている
歪みにも似た状況や環境、その
仕組みがそうさせていると思う。

食で、この国を護れるのか?

この流行り病は時に、
味覚と嗅覚が奪われるという。

我々人間は、
食を通じて栄養を摂取する。
それは野菜が土の養分を
摂取する様に。
しかし、
人間の食はそれだけではなく、
顔を見て、話し、時に思いを、
情報を共有するツールとして、
食事をする。
お酒を飲む。
幸福感を感じる。

近い未来、仮想空間においては、
本当に食事をしなくても、
食べた事に出来るのかもしれない。
まさに、そう映画の様に…

そのために、
一度は味覚も聴覚も
奪われるという経験を
今からさせて慣らされている
のかも知れないね。
もしくは人間の五感を
奪いたいのか。

どこに答えがあるんだろう?
どこに骨を埋めれば
良いんだろう?

わからないけど
私はこの国を信じている。

今は目の前のことを
全力でやり切ろう。

畑をするって言ったら
バーカウンターの様な
素敵なカウンターを頂ける。
そんな素敵な仲間が居る
この国をあいしている。

鳥越
「オーナー、味見お願いします」
スプーンを渡す。

「了解。熱い!!
なんちゅー熱さや!!
舌がバカになった!!」
鳥越
「すみませんーーー」

「なるほど…
さては、仮想空間への準備か、
鳥越。」
鳥越
「はい?」

あいしてる
上田慎一郎
今日味は濃いかも…

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です